館top
ザ・メキシカン (THE MEXICAN) 2001/5/4

昔々メキシコの貧しい銃職人が世にも美しい銃を造った

その名は

<メキシカン>

即ち
「恋人達の仲を永遠に引き裂く、呪われた拳銃」



男が組織から足を洗うことを願う女がいた
女のために組織から足を洗おうとする男がいた



組織離脱条件

伝説の銃<メキシカン>を持ち帰ること


男は最後の仕事を受けた
女は組織の仕事を受けた男を見限った




すれちがい



男は伝説の銃を求めてメキシコへ
女は見失った夢を探してベガスへ―――



別々の道を行くふたり
しかし、<メキシカン>は再びふたりを引き合わせていく

決定的に引き裂くため? いや・・・



「取り戻したいのは銃? それとも私?」



ブラッド・ピットとジュリア・ロバーツの二大共演!!
以上。


いや
それだけで充分魅力的だと思います。マジで。
それだけで2時間見せきっちゃうし。
それ以外特筆するところも別にないっちゃない。

あ、いや・・・ええと

二転三転するスピーディーな展開!
各所にちりばめられた笑いの要素!!
からみあう人間模様と!!!

さまざまな「愛」!!!!


さまざまって3つくらいだけど。
ジュリアと道程共にする男たちの愛の形と顛末はなんか良い、デス。
このジュリアご一行(3人)の雰囲気は女性にはウケると思います。



あと、犬。
ブラピと言えばいまや犬は欠かせません。

いや「いまや」って今俺が決めたんだけどな。
だいたい犬と絡んだのってあと「スナッチ」くらいしか知らないし。
って、アレ? 今回ブラピは犬と絡んでなかったっけ?(訊くな)


ところで
よわっちげなへぼへぼオトコなブラピって初めて見た気がするっていうか、
ほんと歩けば棒に当たるっていうか要領悪いって言うか、
そこが女性がこの映画を観る際のポイントなのかどうかはよくわからんが、
そこに「やーんかわいーステキング」な感想が多いのは事実だが、
ブラピだからいいんだろうなあ。君が真似しても駄目。(私も)


ほんでこの映画のジュリアってさとう珠緒ソックリだと思った。

それがどうした。


映画公式HP:もうない(´'-'`)

Amazon.co.jp アソシエイトザ・メキシカン:DVD原作
DVD:監督:ゴア・ヴァービンスキー
DVD:主演:ブラッド・ピットジュリア・ロバーツ
DVD:助演:ジョニー・デップ
CD:サントラ
参考:書籍:ザ・メキシカンDHC完全字幕シリーズ

館top
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー