館top
タイタンズを忘れない (REMANBER THE TITANS) 2001/5/12

それはアメリカがひとつになろうと苦悩していた時代の物語


1971年、米アレキサンドリア
白人と黒人の高校が統合された


猛反発


そんな中、町の最大の関心事であるフットボールチーム
<タイタンズ>も統合された

彼らは越えてゆく
歴史の悲劇が作り上げ、誰もが越えられなかった壁を

肌の色という壁を


僕らはそれを<友情>と呼んだ
大人たちはそれを<奇跡>と呼んだ



以上あらすじ。(エンディングまで)


スポーツっていいなあ。
やっぱスポーツって、スポーツマンっていいよ!
大人たちの偏見や権力争いっていかに卑小なものなんだろう。
それにひきかえ
同じ目標を持ってぶつかり合い、すべてをさらけだし、助け合っていく若い力。
美しい。
それを友情と呼ぶのだろう。
泣ける。
やっぱりスポーツっていいよ!

感想はこんなありきたりなモンで良かっただろうか。


と、ゆうわけで
コレ感動させたい場面(監督が)の音楽がすっごい好き。感動65%増し。
多いんだか少ないんだかよくわかんないが、50%増しよりは多い気がする。


いろんな事を考えさせられますが、人種差別について。
マ考えなくても良いか。(駄目)
映画を観て余計なことを考えるのは趣味にあわないご様子。

ま、普通に観ても楽しいし、かっこいい。
タイタンズのスタジアムへの入場シーンとか本気で楽しかっこいい。

困難な事態に笑みを浮かべて冗談交じりに向かう姿って最高。
逆境は男の最大の見せ場だぜー! イエー!


あとアメフトについて簡単なルール・戦術しってたほうがきっとおもしろいっす。
プレイしたことあればもっともっとおもしろいはず。
そんなこと言ってたら殺人モノとか観れませんが、興味があったら一度プレイしてみてね。
いやアメフトをだ。


それはそうと実話とゆうことで数々の制約があったご様子。
なんでそんな展開になっちゃうんだよ・・・。みたいなこと多し
でもそれが事実なのだからしょうがない。
盛り上がりに欠ける展開になったとしても事実だしー!
それだけで説得力、ふうん。

ちうか本当にあんな連勝街道勝ちっぷりだったなんて、なんてすごい。
即ち

事実は小説よりも奇なり。


締めまでありきたり。


映画公式HP:もうない(´'-'`)

Amazon.co.jp アソシエイトタイタンズを忘れない:DVD原作
DVD:監督:ボアズ・イエーキン
DVD:主演:デンゼル・ワシントン
DVD:助演:キップ・パルデュー
CD:サントラ

館top
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー