館top
ハリー・ポッターと賢者の石
(HARRY POTTER AND PHILOSOPHER'S STONE)
2001/12/3



僕は

伝説の魔法使いと魔女の息子だった


らしい




 説明不要の大人気ベストセラー小説の映画化。
 どれほどの勢いかは、前売り時からマスメディアにとりあげられ同じく説明不要。
 ところで、肝心の内容は?
 コレが気になるところ。


 まずこの映画のスタンスを確認しましょう。

 小説「ハリー・ポッター」の映画化。

 以上。


 いやいや、つまり原作と比べておもしろいおもしろくないというのはナンセンスってこと。
 ひたすら原作描写の映像化につとめていると思われます。
 もちろん個々のイメージの相違はあるだろうが、とはいえ見事に世界が描かれています。
 原作を読んでいる方は次がわかっているが故に「でもどう映像化してるの」的ドキドキ。
 そうでない方は「次はどうなるの」的ドキドキ。
 そんな感じがします。


 正直、予想以上に楽しみました。


 監督は「ホーム・アローン」のクリス・コロンバス。
 自身も同小説のファンだそうで。こういう場合必ずそうコメントするにしてもね。
 ちなみにいちばん好きなのは第3巻とか。
 てことは第3弾まで彼なのかなあ。

 役者的には個々述べると長くなるので今回は多くを語りませんが、それぞれいい味だしてます。
 つかハーマイオニーかわゆい。


 この物語のヒットの要因ってなんだろうね。
 主人公ハリーは不幸な環境で育った。
 やがて自分の正体がわかって、その出自故に人々から特異な目で見られても自分を見失うことがない。
 そのあたりかな。
 でもそれはすばらしい友人や保護者に出会えたこと。
 ここもかな。
 あとは、一足飛びに強くならないところ。
 才能は凄くあり、なんでもうまくいく都合いいところもあるもの、なぜか手の届きそうな感じ。
 てことかな。


 今回は映画の出来に合わせて、無難にまとめてみました。

 ところで、

 えらそうに言っときながら、

 いまさらなんなんですけど



 原作読みたくなりました。





 いや、読んでないのかよ!?


   


映画公式HP:http://harrypotter.warnerbros.co.jp/

Amazon.co.jp アソシエイトハリー・ポッターと賢者の石:DVD原作(賢者の石)
DVD:監督:クリス・コロンバス
DVD:主演:ダニエル・ラドクリフ
DVD:助演:ルパート・グリントエマ・ワトソン
CD:サウンドトラック
参考:書籍:原作ハリ・ポッターシリーズ(全巻)
参考:TVゲーム:ハリー・ポッターいろいろ


館top
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー