館top
アイ・アム・サム (I AM SAM) 2002/8/1


あたしのパパはみんなのパパと違う

あたしのパパはあたしの宿題がわからない
あたしのパパは小さな子どもみたいな行動をする

あたしのパパをみんながわらう



でも
ふつうのパパはいっしょに遊べないんだよね

うちのパパは違う


大好きよ




 という、知的障害を持つ父親サムとその娘ルーシーの物語。
 ジャンルで言うとヒューマンドラマ。かな。


 サムの知能は7歳児並。
 ルーシーは育ち盛り。
 彼女は父親を追い抜いちゃうことを恐れてる。
 親子の力関係が壊れることを恐れている。
 周りがどう見ようとね。愛を感じてる。
 だからパパはパパ。自分より上にいて欲しい。
 結果ルーシーは成長を拒もうとする。

 するとアアタ、児童福祉局大登場。
 そらそうだ。知能が7歳程度の男に子どもの管理はできるのかということだ。
 サム立ち上がります。一流弁護士リタ・ハリソンの力を借りて娘を取り戻せ。ゴー!

 そんなイキオイで。いや、ゴー!は言い過ぎだ、すまん。


 で、リタやルーシーの里親、隣人で外出恐怖症のアニーや同じ知的障害者の4人の友人とあれやこれやあって物語は進む。
 そのなかでもリタや里親の心情が涙と共にサムに吐露されるシーンはなかなかごっつい。


 ところで、作品中では児童福祉局はひどい。わかずやさんだ
 なんだこの杓子定規めって思う。
 たかがテストでわかる「知能」ですべて判断するなと。それが人間の智慧そのものではない、と。
 でもさ、確率で考えたらまかせられないんだよね、きっと。
 教育の問題、暴力の問題、生活費の問題・・・現実、救われているケースは多いはずで。そこは留意。勧善懲悪なんて簡単なものではないですよね。


 つーか映画によるとだが、障害者がたったひとりでアパート借りて仕事して、生計立てれる国なんだ、アメリカ。すごい。そこはすごい。すばらしい。


 ヒューマンドラマの感想は特に苦手だねえ。
 「特に」ってそれ以外のも「普通に」苦手。


映画公式HP:http://www.shochiku.co.jp/iamsam/

アイ・アム・サム
館top
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー