館top
タキシード (The Tuxedo) 2003/3/31

これを着ると、もう誰にも
止められない 止まらない


 努力なんかしなくても金があればヒーローになれるという話。(間違い)

 そのタキシードはハイテク(死語)時代が生み出した「スーパー・タキシード」でありまして、ボタン操作のモード変換一つで銃の組み立てはできるは、格闘の達人になれるは、空は飛べるは、歌って踊れるは、誰かがタバコをくわえると自動でサッと火をともすは、そりゃもう余計な機能満載のスーパーっぷりで、どんな君でも特殊エージェントになれるのですよ。

 で、そのスーパーっぷりは主演ジャッキー・チェンだからこそ。彼の生身アクションゆえに成り立つもの。と思えばなんと多彩なVFX効果で、それは老い対策だと誰の目にもあきらかで一抹の寂しさと痛々しさを感じる嗚呼、人生に涙あり。とはいえそれでも普通のおっさんにはありえない身体能力であるからしてVFXはあくまで補助機能、予算削減に一役買った人事だとリンダ思っちゃう。
 そして意外にレベルの高いジャッキーの演技。みごとな「操られ」感なのですよ。スーツに「動かされてる」感じがすばらしく、「なに!? ジャッキー・チェンてこんなに演技(ただし動き方の)上手かったのか!」と驚くことウケアイ。台詞や感情表現が上手いかどうかは吹き替え版(石丸)だったのでよくわからない。というか近所の映画館そろいもそろって吹き替え版しか公開してないのは、字幕追ってあたふたすることなくアクションを純粋に追って楽しんで欲しいという上の粋なハカライかしら。僕ら(観客)舐められてますね、イエー!


 個人的にはジミー(ジャッキー)のご主人・デヴリン(ジェイソンアイザックス)が胡散臭くて良い。とくにエピローグのバカバカしさは、いまどきマンガ投稿のアイデアとして使ったなら持ち込みの際に担当者の失笑を買う方に1000ガバス。

 もちろんジャッキー映画の特徴であるNG集や、いろんな団体に訴えられかねない女優のぞんざいな扱いも健在でファンには嬉しい限り、いやホント。


映画公式HP:http://www.uipjapan.com/tuxedo/

Amazon.co.jp アソシエイトタキシード:DVD
DVD:監督:ケヴィン・ドノヴァン
DVD:主演:ジャッキー・チェン(ジミー)
DVD:助演: ジェニファー・ラヴ・ヒューイット(ジミーーの相棒)
DVD:助演: ジェイソン・アイザックス(ジミーの主人)
CD:サウンドトラック
館top
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー