館top
8マイル (8mile) 2003/5/27
あらゆる瞬間にチャンスがある

  映画のサイト投げ出したんで感想はココでいくことに。(←?)

 女性が3人出てきます。
 主人公ジミー(エミネム)のお母さん(キム・ベイジンガー)、新恋人(ブリタニー・マーフィ)と、昔恋人です。映画内でこのへんのキャラの人物描写は説明不足でして・・・まあ、エミネム視点(一人称)に立てば確かにわからないことがある、という意味ではリアル・・・というか、良いか。こんな細かい説明は。掲示板だしー。(←?)
 エミネム演じるジミーなる青年が、まあ青春のモラトリアムで行き場のない鬱屈というかやる気無くグダグダしてるというか、とにかくそういうダメ人間が、HIP-HOPで頂上を目指すぜー!みたいな話です。

 で、タイトルの「8マイル」っていうのが、この成り上がり指向に重要な要素のひとつになるんですね、実は。
 「8マイル」というのはデトロイトに実在する"8マイル・ロード"という、ストリート名に由来します。この8マイルから南側に位置するデトロイトは、住民の大半を黒人が占める町でして、一方、北側に位置するウォレンは、住民の大半を白人が占める町なんですね。さらにデトロイトという場所は、かつては社会の授業でも私たち習ったように、自動車産業で潤っていたんですが、それはもう過去の話、いまや廃れた町なんです。
 つまり、8マイルはデトロイト市の北側の境界線であると同時に、人種を分断するラインでもあるんです。だからこの8マイルを超えるということは人種や貧困を超えるという意味合いもあるということ、らしいんですよ。

 映画の背景はそんな感じ。あとは私の萌えどころ書き連ねまーす。イエーイ。ハイ!

 エミネムが妹に子守歌うたいますが、それがすごい声きれい!! その後のメキー・ファイファー(カッコE)と駐車場で絡む際になにげに歌うんですが、このときの歌声も、もうたまりません!! いやホント。
 もちろんそんな鼻歌テイストなものだけでなく、ラップもそんじょそこらのYO!YO!YHARYHAAAAAAR!!とはひと味違うと思いましたが、いかんせん英語ワカランしむしろそんじょそこらのラップ自体実はよく知らないじゃないか私。日本のヒットチャートに上がってくる人たちしかわからない。ごめんなさい。言う資格がない。
 とにかく最初の2つの(鼻)歌は良かった。圧倒的。

 物語の主軸であるラップバトル自体は、音楽的技術、生活背景・文化に基づく英語の暗喩など、私がよくわからんことさっぴいても単なる便所の落書き、ガキの戯れだけれども…あ、聞いてて音はかっこいいですかね。耳障りは好きです。

 ジミー(エミネム)昔の恋人も、なんであそこでたったあれだけ出てきたかわからんが、実はこの彼女こそちょっと前に日記(←?)で取り上げたBoomkatsのヴォーカルなんです! かわいいです。

 エンディング曲(主題歌)も、パワー凄い。
 そしてここがすごいところなんですが、この曲は、映画観る前に聴いたときはただのふつうの格好いい一曲だったんですね。けれども映画を観て、そしてエンディングで流れるのを耳にして歌詞(字幕スーパー)を目にしたときたとき、私にとってこれはまさに主人公の(というかエミネムの?)歌になってることに気がつくんですよね、観る者にとって特別な一曲になってるんです。
 映画自体の感想は正直、賛否がふつうの映画以上に別れる気がします。これからどう転んでいくのかぜんぜんわかんない、けど希望が無くもない…そうですねー、週刊少年ジャンプの10週打ち切りマンガの最後ーみたいなー。でもサントラは買っても良いんじゃないかなあ。というか私が欲しいってだけですけどね。


 映画館出た後、フード被りたくなりました(笑)




 文章の意味不明なところは別の場所で書いたやつのコピペが元になってると言うことで…無視してくださいね。(書き直せ)


いま一歩が踏み出せない若者の物語だ。


メキー・ファイファーとの車シーン。


ラップ甲子園(口げんか)。


スラングに友達も大喜びだ。


つかこの友達ばかすぎ。やったあ。


ブリタニー・マフィーかわいいなあ。


でもこんなかわいい顔して、実際とんでもないことしちゃう。


写真映りじゃ完敗だけど、元恋人役・ブームキャットのタリン・マニングもけっこうかわいいんだけどな。

ママ(キム・ベイジンガー)と。ママもけっこう自分勝手なの。

妹(←)はなかなかいい子。

映画公式HP:http://www.uipjapan.com/8mile/

Amazon.co.jp アソシエイト8マイル:DVD
DVD:監督:カーティス・ハンソン
DVD:主演:エミネム
DVD:助演:キム・ベイシンガーブリタニー・マーフィメキー・ファイファー
CD:サウンドトラック
参考:CD:エミネム
参考:CD:Boomkat(タリン・マニング)
参考:書籍:ダークストーリー・オブ・エミネム
参考:DVD:マット・ストーン(サウスパーク原作者)


館top
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー