館top
ラストサムライ (The Last Samurai) 2003/12/26

かつて日本人だけが持っていた美学に、ハリウッドが心酔した。

 南北戦争の英雄だったオールグレン(トム・クルーズ)、っていうから19世紀末ですかね。そんな彼が、近代化を目指す日本政府に軍隊の教官として招かれる。招かれたはいいけど初めて侍と戦いを交えた日、オールグレンはいきなり捕えらる始末。で、勝元(渡辺謙)の村へ運ばれるワケ。勝元は、天皇に忠義を捧げつつも、武士の根絶を目論む官軍に反旗を翻しておりました。そんな異国の村で、侍の生活を目の当たりにしたオールグレンは、やがて、その静かで強い精神と美しい未亡人(小雪)に、心とかアレとかを動かされていく。未亡人っていうか夫を戦で殺して未亡人にしちゃったのはオールグレン本人なんすけどね。そんなかんじー。

 私の周囲では、なんかこの映画大絶賛でして、やれ「日本人の偏見が少ない。外国がつくったのに、まさに武士道!」だの「日本人がかっこいい!」だの「多少の不整合は目をつぶろう、精神は描けてるモン!」だの大騒ぎ。やがて「日本人で良かった(恍惚)」と泣き出した挙げ句、「おかげで3日で5cmも背が伸びて、僕にも彼女が出来ました!」とか言い出す始末。言わないけど。
 や、確かにおもしろかったんですけどね。出演者日本人ばっかりっていうのもあるけど、ふつうに日本映画として楽しめましたね。初めてこの映画の予告編を観たときは、2003年初頭ですけど、日本人観の日米ギャップBANNZAIよろしくかと思ったけど、ギャップあまりないです。残念。(間違い)

 つまりトム・クルーズの殺陣すらもサマになってた。渡辺謙と背中を守り合いながら敵に対峙するシーンなんて、後ろの席の女性から「ハァ〜…、カッコイイ…」とか吐息がもれる始末。映画観ててそんな反応聞いたのはじめてだよ。
 あーでもトム、確かに格好良かったですね。「トップガン」とか「カクテル」とかの、若い頃大嫌いだったんだけど、「マイノリティ・リポート」とか「バニラ・スカイ」とか観てて、あ、「バニラ」は予告編だけだけども、予告編だけでもペネロペはえろかったなあ…。違う、トムだ。トムは最近はそんな嫌でもなくなったんすよね。やっぱしシワ効果かしら。じじい萌えですから私。もしくは今回、ヒゲで顔見えなかったのが良かったのかも。(良くない)

 それでそんなトムに負けず劣らず日本人勢も魅力的で、渡辺謙も小雪も、ちょっと影薄いけど真田広人も、カッコE! とかつって騙されたらいけないよなあ。脇役格好良ければトム引き立つ。日本人を格好良く見せるというのが目的のひとつだったと思うです、この映画。役者が良いわけでなく(良いんだけど)、演出自体がが「ニッポンカコイイ」方向に突き進んでるというか、や、どうでもいいやもう。ともかく謙や真田はカッコイイ。そんで小雪はえろい。手首や指の動きとか首筋とか18禁。なに言ってんだ。


 まーね、日本人が、武士が、なんかわからんけどとにかくカッコよくって、いや実際どこがカッコイイんですかね、これ。
 ほんとわからないです、このStory(英語)。勝元はどういう理由で官軍と戦争してるんでしょう、鉄砲がありふれた時代にあえて刀で。新撰組のような辻斬りとかならまだわかります。けれどあんな平原の戦で鉄砲に刀で突進してもそれは全滅します。あたりまえ。あえて「刀」な理由がわからない。古い武器なら武器で、なぜ正面激突なのか。戦略的にもっとやりようはなかったのか。彼が玉砕必至な戦術をとったのはなぜか。彼が守ろうとしたものは何か。それはああいった戦術でしか守れ得なかったのか。そのへんぜんぜんわかりません。ただ死ぬことが武士道ではないですよね。
 脚本的にはちょっとつらいですね。サムライBANNZAI日本人以外にはどうなんですかね。、本国アメリカでも受け入れられるかどうかはちょっと不安ですね。

 でもまあ日本人の私にはおもしろいから良いか。

 あ、日米親善は役立つかも。引き出せ日本の国際貢献!

背中を守り合いながら。

トム、いきなり捕まりました。

トムです。キルビルっぽい。

トムの剣さばきをみるのだ。

鎧まで着ちゃう始末。

気合い入ってます。

たそがれ清兵衛(違う)

もうこの親父、最高。


鎧と未亡人(小雪)
えろい!

グッときた若手
左:小山田シン(信忠役)と
右:中村七之助(天皇役)

公式サイト:http://www.lastsamurai.jp/

ラストサムライ
cd:サントラ「ラスト・サムライ」
book:「ラストサムライGakken mook」
amazon.co.jp
サーチ:
ワード:
館top
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー