館top
下妻物語 (しもつまものがたり) 2004/5/27

わたし根性ねじまがってまーす?

 「茨城県下妻市を舞台に、深田恭子が演じるロリータ・桃子と土屋アンナが演じる ヤンキー・イチゴが繰り広げる、史上最低の友情!」(公式サイトより)なんですけど、私はこの映画に邦画の未来を見た! またか。またです。「キューティーハニー」に引き続き、邦画豊作だなあオイ。まちがってもカンヌとかにノミネートすらされないでしょうけど。な!

 それで本来なら接点なんてありえない、人生のジャンルの違う2人が出会い、友情が生まれていくサマは、やはり感動的なものですね。超エゴイストで他人に興味がまったくない関わりをもちたくないハズだった桃子が、最後には「親友」イチゴのために疾走し、飛び、ドロドロになりながら啖呵をきるその姿に感動をおぼえない悪魔超人のキミは「目から水」初・体験物語。ああ、最近は悪行超人って言うんですか、そうですか。それに対するのは正義超人? いやアイドル超人か。どうでもいいわな。

 そんな王道一直線のストーリーなのに、他と一線を画しているのはその映像です。実写なのにマンガ顔負けのデフォルメだし、なんていうかトムとジェリーなみに伸びて縮みます。いやそれは言い過ぎた。すまん。とにかくすべてが極端すぎだ。冒頭から突っ走りすぎです。ていうか飛びすぎ。最初から極端すぎて、以降どんなムチャも気にならないほどです、マジ。
 ていうかこの作品も途中でアニメが挿入されます。「キルビル」といい「ハニー」といい、流行ってるんですか? マこの作品の場合もアニメたる根拠がきちんとあるわけで、「なぜアニメで表現したのか」もきちんと伏線になっています。

 ストーリーもビジュアルも、いい意味で期待を裏切ってくれます。しかも何度も。この作品はイメージ的にどうにもB級臭がすんごくて心底とっつきずらいとは思うんですけど、ぜひ先入観を捨てて観て頂きたい。ぜったい惚れますよ、樹木希林と荒川良々と、そしてジャスコにッ!!



 いやジャスコはどうでもいいけどな。



冒頭より2カット。飛んでます。

イチゴ(土屋アンナ)空回り

でも最後にはふたりで最高の笑顔。

エンドロールも見逃せない。

公式サイト:http://www.shimotsuma-movie.jp/
ジャスコ公式サイト:http://www.aeon.info/jusco/shimotsuma/(下妻店)

下妻物語
cd:サントラ「下妻物語」
book:嶽本野ばら 「下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん」(原作)

dvd:メイキング「深田恭子 in 下妻物語」
book:土屋アンナ写真集「White Ice Sherbet」(オススメ!)
amazon.co.jp
サーチ:
ワード:
館top
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー