館top
アンブレイカブル (UNBREAKABLE)  2001/2/10

「シックス・センス」は好きでした。
「アンブレイカブル」は世界に没頭しました。

おそらく観る方のほとんどが、二転三転の展開と伏線たちに期待。
それを裏切らないつくりであることは確か。
そして、なによりもカメラワークが個人的にヒット。
主人公であるハゲ親父の息子のふつうすぎる顔(ヒント:ブサイク)もナイス。(演技も)

ところで
このストーリーの主題はマンガ論に間違いアリマセン。(ヒント:間違い)
「マンガはアート」
だそうです。
4歳のガキに与えるおもちゃとはワケがちがう。
確かにそう。
「様々な隠喩がその絵には込められている。
その描線の芸術性と意味がわからぬ者にどうして触れさせてやる必要がある?」
なんて台詞目白押しー。世の頭の固い親御さんとかにみせてやりたいよね。

・・・ちうか、
消費文化の一端であることにマンガのすごさがあるとおもうんですけどね私のバーイ。
あんま物事をたいそうに考えるとえらいことになる。
自分が、自分こそが正しいのだとおもっちゃう。
別に卑下しすぎることもないが。


と、ゆうわけで、
結末云々は語るわけにはいかないフンイキ約束がやっぱしある、この監督の作品。
マでもどっちかといえば「扇子」のが好きだなー。
もちろんこれは私の好みであって作品の評価ではないよね。
まず結末の為の脚本って感じもしたけど。でも目が離せなかったのも本当。
役者の芝居はほんと良かったよ。でもオススメはしなかったり。


というか、だからなんでブルースなんで死なないのさ。
そこの種明かしをしなさい。


映画公式HP:もうない(´'-'`)

Amazon.co.jp アソシエイトアンブレイカブル:DVD原作
DVD:監督:M・ナイト・シャマラン
DVD:主演:ブルース・ウィリスサミュエル・L.ジャクソン

館top
広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー